これらの初心者のためのPhotoshopのヒントがデザイン技術を向上させる!

· ヒントと裏技,デザインのインスピレーション,サイトを宣伝する
初心者のためのPhotoshopのヒント

Created by CANVA

Adobe Photoshopを使い始めたばかりの人は、その豊富で包括的なデザインツールや機能に戸惑うかもしれません。そのような場合は、心配しないでください。本記事では、デザイン体験を向上させる初心者のためのPhotoshopのヒントをご紹介します。完全な初心者であっても、自分のスキルを更新したいだけであっても、これらの基本的なPhotoshopの技術は、画像の作成と編集を始めるための基礎を提供してくれます。以下のブログでは初心者のためのPhotoshopのヒントを紹介しています。

記事の概要:

1.なぜPhotoshopを使うのですか?

2.初心者のためのPhotoshopのヒント

3. Photoshopではショートカットキーを使う

4.記事のまとめ

 

1.なぜPhotoshopを使うのですか?

 

徹底的な編集を認る

Photoshopは、他の写真編集ソフトではできないような画像の編集や強調を行うことができる強力なツールです。Photoshopを使えば、画像の色やコントラストを正確に調整することができ、傷や邪魔を取り除くことができます。さらに特別な効果やフィルターをかけて画像を際立たせることもできます。

 

多機能性

初心者がPhotoshopを必要とするもう一つの理由は、その多機能性です。Photoshopは、さまざまなデザインに使えるユーティリティです。写真を編集して補強したいカメラマン、マーケティング素材を構築するグラフィックデザイナー、ウェブサイトを構築する開発者は、簡単なPhotoshopツールと機能を使って仕事をすることができます。

 

ユーザーインターフェース

ユーザーインターフェース

Strikinglyのユーザーのサイトから受けた画像

Photoshopのユーザーインターフェースは初心者が簡単に使えるように設計されています。それはパネルで構成されていて、それぞれの設計者の個人の作業プロセスにより適したように並べ替えたり、顧客化したり、隠すことができます。画面上部にあるツールバーは、よく使うツールへのすばやくアクセスを提供します。画面上部のオプションバーには、選択したツールのコンテキストに関するオプションが表示されます。また、レイヤパネルにより文書内のレイヤの追加、削除、操作が簡単にできます。ナビゲーションパネルは拡大や縮小、ドキュメントの高速移動を可能にします。

 

オンラインリソースの利用可能性

Photoshop初心者が簡単に学べるオンライン上のリソースやレッスンがたくさんあります。これらのリソースには、アドビの公式ドキュメント、初心者のためのPhotoshopのヒント、他のユーザーやプロのデザイナーからのデザインのインスピレーションなどが含まれています。これらのオンラインリソースの主な利点の1つは、Photoshopで特定のツールや機能を使用するためのベビーステップを提供することです。初心者には特に役立ちます。自分のペースで学習し、練習しながらソフトウェアを使うことができます。

書面で教えるだけでなく、Photoshopを使ったさまざまなプレゼンテーションを動画で教えることもできます。これらのレッスンには、視覚初心者のためのPhotoshopのヒントも含まれています。実行中のステップをリアルタイムで見ることができます。オンラインリソースと教育の利用可能性は、Photoshop初心者がより簡単にPhotoshopを学び、使用することができます。いつでも必要な情報にアクセスでき、最も効果的な方法で学ぶことができます。

 

産業標準

Photoshopは業界標準で広く使われているツールです。これは使い方を学ぶことで多くの職業のチャンスが開けることを意味しています。写真、グラフィックデザイン、その他の編集スキルを必要とする分野で仕事をするにしても、Photoshopの強固な基盤を持つことは競争優位性をもたらし、キャリアでの成功に役立ちます。

 

統合しやすい

PhotoshopはIllustratorやInDesignなどのAdobe Creative Cloudアプリケーションと統合されます。これにより、複数のアプリケーション間で簡単にファイルの転送やプロジェクトの処理が可能になります。複数のデザイン要素を必要とする大規模なプロジェクトに取り組んでいる場合は、特に役立ちます。

 

強力なコミュニティ

Photoshopには活発なユーザーコミュニティがあり、何か質問があれば、サポートやリソースをオンラインで探すことができます。このソフトの使い方を学んでいて、途中で疑問や助けが必要なPhotoshop初心者にとっては貴重なリソースになるかもしれません。

 

2.初心者のためのPhotoshopのヒント

ホームページ

Strikinglyの商品から受けた画像

 

レイヤーを作る

この機能をきちんとマスターしていれば、初心者や専門家と同じように、最も価値のある初心者のためのPhotoshopのヒントを習得したことになります。レイヤは、他の部分に影響を与えることなく、画像の特定の部分を独立して処理することを可能にします。レイヤの不透明度や混合パターンなど、レイヤの属性を追加、削除、再配置、調整することができます。

 

ツールの選択

選択ツールで処理する画像の特定の部分を選択することができます。いくつかの例は枠を選ぶ道具、ロープをかける道具、マジックスティックを使う道具などです。

 

飾る

この機能がなければ、初心者のためのPhotoshopのヒントリストは完全ではありません。時々、画像を使う必要がありますが、画像がぼやけていたり、品質が悪かったりします。傷を直したり、不要な被写体を削除したり、画像の破損箇所を修復するために修飾を使用することができます。修飾のためのツールの中には、複製のためのツール、絵筆を修復するためのツール、修復のためのツールなどがあります。

 

絵を描く

ブラシや他の描画ツールを使って画像に色やテクスチャを加えることができます。レイヤマスクを使用して画像上に選択的に描画することもできます。

 

フィルター

もう1つは簡単で効果的な初心者のためのPhotoshopのヒントです。Photoshopのコツをつかむのに時間がかかるかもしれません。しかし、フィルターによって専門知識を必要とせずに編集することができます。フィルタは、特定の外観を得るために画像に適用できるように事前に設計された効果です。いくつかの例には、ボケ、シャープネス、ツイストフィルタなどがあります。

 

調整

このような初心者のためのPhotoshopのヒントを使えば、簡単に画像変換ができます。レイヤを調整することで、色のバランスを調整したり、コントラストを高めたりといったグローバルな変更が可能になります。

 

合成

複数のイメージを組み合わせて結束力のあるイメージを作り上げるプロセスです。複製スタンプツール、絵筆修復ツール、レイヤーマスクなどを使ってシームレスに画像を混ぜ合わせることができます。

 

テキスト

テキストベースの画像(チラシなど)を作成する場合は、Photoshop初心者にとってテキスト機能の使い方は最も重要なテクニックの1つです。このアプリには、画像にテキストのスタイルを追加したり設定したりするための強力なツールがあります。テキストツールを使って文書にテキストを追加し、文字やパラグラフパネルを使ってテキストのフォント、サイズ、色、その他の属性を調整することができます。この機能はデザインに驚くほどの効果をもたらすことができます。

 

3D

Photoshopには3Dオブジェクトやシーンを作成・編集するためのツールがあります。これらのツールを使って画像に奥行きとリアリティを加えたり、抽象的な構図を作ることができます。

 

印刷する

Photoshopには印刷する画像を準備するための様々な機能があります。例えばカラー管理や印刷の設定などです。これらの機能を使えば、画面上と同じように印刷した画像を確認することができます。

 

3.Photoshopではショートカットキーを使う

簡単なキーボードショートカットは、初心者に便利なPhotoshopのテクニックです。以下の画像は、Photoshopでよく使われるショートカットボタンを使って、より仕事ができるようにしたものです。

Photoshopではショートカットキーを使う

Strikinglyの商品から受けた画像

4.記事のまとめ

写真家やグラフィックデザイナーならStrikinglyというウェブサイトが必要です。Strikinglyというサイトは最高の作品を見込み客に紹介するのに役立ちます。以上の初心者向けのテクニックを身につければ、完璧なPhotoshop画像をデザインしてStrikinglyのウェブサイトで使うことができます。

記事のまとめ

Strikinglyの商品から受けた画像

Photoshopでは「ストロー」というツールを使って、Strikinglyのサイトのカラースキームと画像の色を合わせます。これは画像がデザインの残りの部分と一致するように見えることを保証します。また、「クロップ」ninツールを使ってStrikinglyサイトのサイズに合わせて画像のサイズや構図を調整することもできます。つまりPhotoshopは、画像を編集したり強化したりするための、非常にパワフルで汎用性の高いツールです。恐ろしくて怖いかもしれませんが、初心者のためのPhotoshopのヒントを使えば、プロ仕様の外観を作ることができます。

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK